スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1000人斬りした俺が使っている6つの女の子と出会う方法

1:ナンパ
これがなくては圧倒的なモテ男の道は遠くなります。(正確には、たどり着くのが遅くなります)
上記で述べたようにコミュニケーション力が低ければ低い程、いっぱい量をこなしましょう!
これは、かなり多くの方法がありますので後ほどの項目で詳しく述べます。
* もちろん、どうしてもできないという方もいると思います。
以下の方法の中から、やっていっても良いと思います。

2:サークル
これは是非、オススメです。
学生なら、数個入る事をお勧めします。
ちなみに私の場合は、2個入りました。
それ以外のサークルにも飲み会の際は、顔を出せる様に手配しました。
学生なら、学内のサークルだけに留まる必要がないので、学外のサークルにもぜひ手を伸ばしてください。
インターネットで探すと、思った以上に色々とサークルは存在しています。
その中から選んでいけば、いいのです。

※ここが重要!
他のサークルにもツテを作って飲み会がある時は、情報を回してもらう様にする事です。
○その為には、モテ男と仲良くなる。
○そのサークルの力のある人(男)と仲良くなる
この2点は、ポイントです!
社会人なら特にサークルは、オススメです。

社会人サークルは、ほとんど出会いの場のような状態になっています。
女の人も出会いを求めて来てますから、簡単この上ないです。
自分のコミュニケーション力レベルが低くてもいけるNO.1は、これだとも言い切れます。
ただし、やはり基本的には、ここでもコミュニケーション力を上げる事を頭に置いて訓練して動いて下さい。
もちろん、自分のコミュニケーション力が上がるにつれて女性から誘いが来るようになって来ます。
そして、迷わず拒まずにGETして下さい。
もちろんモテる男と特に仲良くなる事を忘れないで下さいねっ!
あと、トップの人とも是非仲良くなって下さい。
あまりその中で手を出し過ぎると反感も買いますので、男性達の仲は継続して保つように心がけて下さい。
そして、アッサリと違うサークルに入り直す事も良いと思います。
同じ事を繰り返して下さい。

ここでの注意点としては・・・
モテないマイナス思考の男性は仲良くならないで下さい。
その男性の存在はマイナス以外には働かないので時間の無駄です
ポイントは、男性を大切にする事。
特に遊び人で理解のある男性は大切にして下さい。
後ほど大きな財産に繋がります。
女性ははっきり言って繋がりません・・・。
本当に好きになった人以外は、続けていても時間の無駄なのでここでは切ってしまっていいと思います。
この段階で下手にセフレなど作ってしまうと、自分の時間が取られて成長過程では邪魔になる可能性があります。
セフレなど必要なくなる程にモテる自分を目指しているわけですから。

3:習い事
特にテニス・ダンス・スポーツクラブ。
(冬は、スノーボード・スキーはかなりいいですよ!)
間違っても、自分の好きな事に偏り過ぎないで下さい。
例えば、ゴルフとか女性があまりいないところ・・・。
目的はコミュニケーション力を上げる事なのですからね!
目的意識を持った選び方をして下さい。
ここでは女の人が多い所を選ぶ。それが第一条件です
自分のターゲットとなる女の人の年齢層が多い所。
そこを狙って入って下さい。
ちなみに、私の友人の猛者は、別にそれを狙ってテニスサークル入会したわけではないのですがそこだけで 2 桁の女性と関係を持ちました。
しかも、それはたった一つのテニススクールでです。
普通から考えるとありえないでしょうけどそれができるんですよ。
ある方法を使えば。
その秘訣は後程書きます。
※これが加速の秘訣なのです!
内容としては、先で述べた2番と同じ要領で進めて下さい。
そして、特に男性の人気のトレーナー(出来れば遊び人がベスト)と仲良くなって下さい。
※人気者のトレーナーが一番重要な鍵を握ります。

4:インターネットで自分の趣味・興味のあるサイトの仲間に加わって下さい。
3の習い事でも申し上げましたが、女の人が多い所を選ぶ。
やはりそれが第一条件です!
自分のターゲットとなる女の人の年齢層が多い所を狙って入って下さい。
自分の興味がある事がメインのサイトな訳ですから、比較的女性と話しをするネタに困らないわけです。
まずは、その共通の話から入っていく事がゆるされる。楽です。
そこから、他の話に話を発展させていく練習をする。
その発展させていくパターンを覚えておく。
新しいパターンなどがでたら、メモをとって、また別の人と話をする時にその新しいネタを振ってみる。
そうやって、話のネタのパターンを増やしていったりすると良い

5:4で狙った趣味のメールマガジンを発行して下さい。
同じ内容で全く構いませんので、それを数箇所のメールマガジン発行できる所から発行して下さい。
まぐまぐ
http://www.mag2.com/
メルマ
http://melma.com/
などがそうです。
集まってくれる人は、あなたの発行したメルマガに興味があるんです
そして、コミュニケーションを取るために集まってくれている訳なので、こんなにコミュニケーション力をあげるのに楽なものはありませんよね。
その他にも検索エンジン等で調べると結構あります。
3つ~4つのメルマガサイトから 発行してしまいましょう!
先ほども言いましたが、同じ内容のメルマガで良いので、一個作って、それを一気にそのメルマガサイトから流せばいいのです。
複数のメルマガサイトから発行する理由は、単純に複数から発行すればそれだけ人数が集まりますよね?

「出会いは掛け算」
覚えて頂けてますか?
つまりそう言う事です。
さて、メルマガ発行時の題名・説明文ですが、インパクトを与えらる題名をつけて下さい。
さらに楽しいである事を予測させる題名を意識しながら考えて下さい。
まず、単語やキーワードメモし、そのメモした単語やキーワードを繰り返し色々と組み合わせて下さい。
ピタッと来る語呂の良い文章が出来上がるはずです。
内容は楽しそうであることを前面に押し出して下さい。
楽しそうだからこそ皆さんがあなたと連絡をとりたいと思うのですから間違ってもここでマイナス思考な事は書かないで下さい。
週に 1 回ぐらいが、発行するには良い回数だと思いますが、これが思いのほか大変かもしれません。

ただ、大変だからといって、あまり楽しそうでないメルマガを発行してしまうのは良くない事です。
メルマガに登録してくれる人は、あなたの過去のメルマガを読んで登録してくれるのですから
その見たメルマガが面白くなければ、登録をしてくれないわけです。
これを頭に入れた上で、メルマガを書くとちょっと違うと思います。
文字の情報というのは、間違った言葉で思った以上に相手を引かせてしまいます。
逆に楽しそうに書くと、すごく楽しそうに伝わります!
楽しさを伝えるのに、絵文字は結構有効に作用しますが、使いすぎはマイナスになりますのでほどほどに使用される事をお勧めします。

6:同じく4関連のホームページを自分で開設して下さい。
これもそうなのですが、楽しそうである事を心がけて下さい。
面白かった事は大げさに書く。
画像を多様して、ホームページを作成して頂ければ、それだけで女の子は楽しいそうな人だと認識してくれます。
いきなりホームページを作るのは敷居が高いし、知識が全くない人の為にオススメなのがブログです。
ブログの良い点は、有名サイトのブログで書けば、特に宣伝しなくとも最初からアクセスが集まる点です。
まずは、ブログ、それからサイトでも良いと思います。

ブログとは・・・
まあ、簡単な日記だと思って頂ければ良いでしょう!
ライブドアブログ
http://blog.livedoor.com/
ヤフーブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/
楽天ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/
エキサイトブログ
http://www.exblog.jp/
これも 5 番と同じように3 つ~4 つのブログサイトから発行してしまいましょう!
メルマガと同じ様に同じ内容のブログを更新していけばいいわけです
1個作って、それを一気にそのブログサイトにアップすればいいのです
普通どこのサイトにもそれぞれ別々の会員たちが存在しているわけなので、数を増やせばそれだけ 多くの人の目に触れます。
人の目に多くの目に触れる事が基本です。

5・6については、出来るだけ読者・アクセス数を増やす努力をして下さい。
アクセスを伸ばす事が、ひとつの成功への道です。
アクセス=成功の数 につながります。
アクセス数を伸ばす事に関しては、ここでは、述べません。
アクセスが増える事によって、あなたのファンを多く作る事ができます。
あくまでも、ツールとして使わなければ損だという事をお教えするに留めます。
どうしたら、楽しそうな自分を演出できるか十分に考えてください。そして、積極的に誘いを掛けるのも大切です。
ただ、あまりしつこくならないように気をつけてくださいね。
※5・6番については、人によってはコミュニケーション力を上げる為のツールに徹底する人もいるようですが、そうゆう使い方でもOKだと思います。

ここまでやると、かなり効果あります
すでに何人も連絡を取る相手が出来ていると思います。
さて、ここでインターネットの利点について書きたいと思います
日頃、女性が苦手な方も多いと思います
文章にすると、考える事ができ、出来上がった文章を見直す事ができるんです。
それで、ワンクッション置く事ができるので、自分の書いた言葉がどんな印象を与えるかを、考える時間ができます。
ので、相手に好印象を与える事が比較的簡単に、できるわけです。
これがひとつの訓練となります。繰り返す事により、話す時もこれが応用されるようになりよりよい言葉の選び方ができるようになるので、コミュニケーション力のアップのためにもよいツールなのです。
もう、わたし必要ないですか?
まあ、そう言わずに付き合ってください
本当の禁断の扉は、ここから開かれて行くのですから。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。