スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口下手なあなたでもナンパが成功する会話術とは?

口ベタなあなた、安心してください。そんなあなたにも十分に女性を喜ばすことのできる方法があります。それはズバリ、「質問話法」なんです。
では、実際それがどういうものなのか、下記に例を挙げてみます。

「…………………………へえ、そうなの」

わかります? ごめんなさい、これじゃ説明不足ですよね。
質問話法とはつまり、相手が聞かれたいと考えていそうなことを察して、それを相手のために質問する。そして、その返答に対してまた相槌し、質問を続ける。これの繰り返しです。これは私が女性と会話する上での基本としていることです。

人間という生き物は常に自分を語りたいと考えているのです。だから、私はあなたに興味を示しています、あなたの話を聞かせてくださいといった態度で接する方法は、ラクして相手を楽しませることができるし、自分が下手を打たなくても相手の情報を引き出せる優れた方法なんです。

しかし、
「あなたのことをもっとよく知りたい。では、教えてください……どうぞ」
勿論これではいけません。
自分が質問の側に立ち、相手に語らせるといっても会話自体がスムーズに運べるような状況をつくらなくてはなりません。また、相手がイエスか、ノーと答えれば終わってしまうような質問もダメです。
「君はナンパが好きなの?」
「はい」
ではなく、
「ナンパはどういうところが面白いの?」
「いやぁ、やっぱり知らない人と知り合うことができるってことですかねえ」
と、この後を受け上手になって会話を広げてゆきましょう。
相手がいろいろな答え方をできる質問を手短に会話の切れ目に入れてゆくがコツです。

まずは笑顔で挨拶。
笑顔は人の心を開かせる効果があることは先に記したとおりです。
ナンパ現場でも職場でも、社会生活に挨拶が肝心なのは共通していることです。

もしかしたらここでインパクトの挨拶をカマシテみたら効果的なのではないか?
私も一度そんなことを考えて、実行してみました。

「ハーイ!」 「久しぶり!」 「チャオ!」 「ジャンボ!」 「あ、危ないッ!」 etc…………

結果は、「なにコイツ」「馴れ馴れしいんだよ」って目で見られてしまうのがオチでした。特に最後の「あ、危ないッ!」は、ターゲットの女性を振り向かせるつもりだったのが、周囲の多くの人の歩を止めることとなって、なんとも恥ずかしい思いをしました。砕けたナンパの席とはいえ、礼儀は大切ですね。

普通にいきましょう。相手の意表をつくような入り方は咄嗟に空気を読む必要もあって、ある程度の場数をこなしていないとできません。

あなたに今できることは笑顔の練習です。鏡に向かって一番自分が映える笑顔をつくる練習をしましょう。とびっきりの笑顔がキモイなどと言われてしまうこともありますので客観的に自分の表情を研究してみてください。

笑顔の挨拶の次には質問を開始しなければなりません。
この質問はケース・バイ・ケース。
時間、場所などによって質問が異なります。

例を挙げてみましょう。
場所は本屋、ある魅力的な女性が本を手にしているとします。
あなたならここでどんな声をかけますか?
「なにやってんの?」
ダメです。これは最悪です。なにをやっているか、彼女は本を探しています。これは本人が答えなくても一目瞭然です。

「なにやってんの?」
大きなお世話です。例え下心のない同性がこう声をかけてきたとしても、そこから会話が発展するとは考え難いものです。

まずはつまらない質問をなるべく避けるために、相手を観察することも必要です。やはり相手の情報が少しでもあると会話はスムーズに運ばせやすいですから。

★ 相手も興味を持っていそうな質問を投げかける
★ 相手の状況に合わせた質問をなげかける

これが会話のきっかけをつくるポイントなのです。

「こんばんは、あの、その本、ボクも興味があったんですけど、どんな内容なんですか?」

こんな質問ならいろいろな答えを引き出せそうですよね。

さて、今度は居酒屋。隣の席で二人の女性が楽しげに語らっております。
さあ、声をかけてください!

どんな言葉をかけました? うまく質問できましたか?

「あ、それ、ボクも注文しようと思ってたんですが、イケます?」
こんな感じですよね? エクセレント! OK!

これなら「じゃ、一緒に」なんて展開を臨めそうですね。
いつもこのような質問が振れるように、あらゆるケースを想定して質問を考えておきましょう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。