スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乙女心に火をつける!腕枕をしながら髪をなでよう



恋人感覚のキスを済ませたあなたは次のステップに進む。ここで「じゃあフェラして。」では他の客と差別化することはできない。

次は腕枕の体勢に進もう。そしてこの体勢で髪をなで続ける。この軽めのスキンシップが恋人ムードをさらにかもし出すだろう。

この体勢のときにはできるだけ女の子に話をさせるように留意しよう。例えば悩みや仕事での疲れなど何でもよいが、女の子に話をさせるのが重要だ。

あなたも経験があるかもしれないが、初対面で話をした異性に関して好印象が残るのは、実は自分が話している時間が長いときが多い。「相手が話しを聞いてくれた。」「相手が理解して くれた」という感情が好印象につながる。

人間は相手に自分を理解して欲しいと思う欲求がある。ヘルス嬢が話をするほどに心が裸になっていく。

あなたは、この段階でヘルス嬢に自分の話をさせることで、あなたを味方、よき理解者として認識させるのだ。

もちろん女の子は「このままでいーの?」とか「サービスする?」と聞いてくる。あなたは「じゃそろそろフェラして」と言ってはいけない。恋人同士のように「ゆっくりしてていいよ」とか「話してたい」「今日は僕が癒してあげる」というようにこの恋人のシチュエーションをキープするように心がけよう。

あなたが、忠実に私の戦術を実行しているとすれば、この段階ではあなたはまだ女の子に軽いキスしかしてない。

SEX を意識させて仕事モードにさせないためにだ。

しかし、裸でこの体勢でいると胸にも触りたくなるのが男心だし、全くボディータッチしないのは不自然すぎる。しかしここで重要なのはこれを紳士的に進めていくことである。

まず聞いてみよう。「舌入れてキスしてもいい?」と。ヘルス嬢にとってはこの質問はかなり新鮮に聞こえるはず。

そんなことをいちいち聞いてくる客なんていないからだ。もちろんもともとサービスに含まれているため断られるはずがないのだが、同じキスでも女の子の気持ちを尊重する手続きを踏むということにより、さらに女の子からの評価が高くなるというものである。

さらに胸を触るときも同様で「おっぱい触られると気持ちいい?」とか「ゆっくりなでていい?」とかの一言を入れてみることが重要だ。

そして質問のスタンスとしてはあくまで「おっぱい触らしてー」という男の性欲ではなく、女の子に気持ちよくなって欲しいというスタンスが伝わるかどうかが重要なのだ。

だから触り方も揉みしごくというよりは、時間をかけて愛撫するというマッサージ的なアプローチで進めていこう。

このとき、クリトリスや女性器へのアプローチも同様。あせらずスローなアプローチが必要だ。

私の経験では、おっぱいに手を伸ばしたときにこんな質問を飛ばしてみた。「大きいから肩こるでしょー」と。答えは「Yes」で肩がこってしょうがないということであった。

たいてい平均的なおっぱいの大きさの女の子であれば、肩こりになるのが普通だ。ヘルス嬢であれば他にもフェラなどでかなり肩が凝るものなのだ。

わたしはこの時、「自分のプレイはいいから」と時間をかけて肩を揉んであげた。

女の子が喜び、その後でメアドを入手できたのはいうまでもない。

さて、この段階でこちら側の「癒し」サービスに対し、女の子がどうしてもサービスに進みたがるかどうかという点は見極めのポイントとなる。

つまり、この恋人のシチュエーションを嫌う女の子は、あなたとの心の交流を望んでいないといえる。もしあなたとの恋人シチュエーションが拒まれたら、決して無理強いしてはいけない、

あくまで自然な流れになるように女の子のペースでプレイに進もう。

まだあなたを心を裸にする準備が整っていなかったのだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。