スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普通の女の子が働いている地域はどこ?

さて、風俗といっても様々な街に存在するがいったいヘルス嬢を落としやすい街とはどの辺りなのであろうか?

主に首都圏を例にとって考えていくが、原則は地方でも応用可能なのであなたの地域を当てはめて考えて欲しい。

超繁華街・・・歌舞伎町・渋谷・六本木・池袋・横浜

昔からの風俗街・・・吉原・川崎堀の内・五反田

ヘルス街・・・曙町・西川口

静かな風俗街・・・川崎南町・千葉方面・津田沼など

簡単にこのように 4 つに分類してみた。いったいどのような地域のヘルス嬢が落としやすいだろうか?

この場合も女の子がアルバイトでヘルスに通う気持ちになって考えてみたい。あなたが平日仕事を終えた後にアルバイトするとしたらどのような街で働きたいだろうか?

当然、静かな風俗街を選ぶだろう。そのなかでも、都心に暮らしていれば郊外、神奈川に住んでいれば千葉、千葉なら神奈川というように人目を忍んで自分の生活圏外の店を選択するだろう。

素人であればあるほど人目を忍ぶ必要がある。静かな風俗街にはフツーの女の子がヘルス嬢として働いている可能性が高いのだ。

それでは超繁華街はどうか?超繁華街=いつ誰に会ってもおかしくない。昼間 OL だったり学生だったりするヘルス嬢は知り合いにばれて日常生活を脅かされる可能性のあるリスクを取らないのが普通。

超繁華街のヘルス嬢は、いわゆるヘルスを本業にしているプロか誰にバレても平気というヘルス嬢が多い。こうしたヘルス嬢は落とすのはかなり難しいといえる。

さらに超繁華街では酔っ払い客や薬を強要する客なども多いため、ヘルス嬢の警戒心が高いのも実情だ。

また、昔ながらの風俗街ではやはりソープランドが主流となってくる。素人の女の子にとっては働く店を選択する場合にソープランドへの怖さから最初にこのエリア外してしまう。

このためあまり素人っぽい女の子が集まらない場合が多い。またソープ街のヘルスにくる客はソープランドに遊びに来たもののちょっと金銭的にヘルスを選ぶという客が殆ど。

つまりあまり上客が集まらない場合が多いし、ヘルス店同士の競争というよりもソープランドのおこぼれ客狙いという側面が強くヘルスとしての独特なサービスが洗練されていない。

そして上客が集まらない店には女の子の質も落ちてくる。

ヘルス街は、街中に風俗店の雑居ビルがひしめき、同じビルでもライバル店が隣り合っているような状況だ。

こうした過密競争の街では、店側もヘルス嬢にプロ意識を植え付けていることが多い。このため、やはり主従関係を打ち砕くのは難しくなかなか女の子の本音に迫っていくことは難しい。

客としてヘルスに通ってサービスを受けるのであればヘルス街は、たいてい質も高いのだが口説き落とすという観点では難しいのだ。

やはりヘルス嬢と恋に落ちるには静かな風俗街、いわば隠れ家的なヘルスがベストだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。