スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルス嬢を恋人にするための基本原則


ここではまずあなたが知っておかなければならない基本原則を示すこととする。この基本原則はその後のノウハウに続くベースになるので、よく読んでほしい。

まずはあなたの意識改革が最初のテーマだ。つまりヘルス嬢の立場になってみよう。想像してほしい。仮に世の中のすべての男女の立場が逆転して、風俗産業も女性を満足させるための産業だと仮定する。

そして、あなたは何らかの金銭的事情で女性向けの性サービスを提供するアルバイトをしなければならない。

女性客は 1 日 10 人。すべての女性客にディープキスし、愛撫し、舐めて、イカせなければならない。狭い部屋にやってくるのは、年上のおばさんから美貌からは程遠い女性、はたまた体臭のきつい女性まで次々とやってくる。

そして、あなたは拒むことはできず、笑顔とともにすべての女性にディープキスし、舐めて、愛撫し、イカせなければならない。

ここまで書けばヘルス嬢がどんな環境で働いているか想像つくだろう。

私はヘルス嬢を哀れむべきといいたい訳ではない。彼女たちもサービスに対する金銭的な対価をもらっている。

しかし私が言いたいのはこうしたハードな環境で働いているヘルス嬢を口説き落として、恋に落ちたいと思うのであれば、あなたは他の客よりも紳士的でなければならない。

紳士的というのは金をかけろという話ではなく、「清潔さ」「優しさ」「知性」をあなたの可能な限り発揮して、女の子に「素敵なお客さんが来てくれた!」という印象を残すことだ。

水は低い方に流れるが、女の子は高い方に流れる。

少しでも女の子が「素敵」と思えるあなたを演出することが重要というわけだ。

服装・トーク・振る舞い全てにいたるまで、あなたが恋人とデートするときのように紳士的であることが大切だ。

私も、ヘルス嬢にメアドや携帯を教えてもらったりできるのは服装がバッチリ決まっている時がほとんど。決して仕事帰りのクタクタのスーツ姿や、髪がぼさぼさの時には女の子からの好感は何も得られない。

逆にあなたがバッチリ決めて女の子の前に立ったなら、一日に何人もの男を否応なしに相手する女の子にとって、あなたは単なる客ではなく、キラリと光る存在になる。

女の子と接するには基本中の基本ですが、風俗というと男心としては「金出してるんだし」という客意識がつい芽生えてしまい、こうしたことが忘れられがち。客意識が残っているようでは恋に落ちることは難しい。そこには主従の関係が成立してしまう。

ヘルス嬢と恋に落ちたいとお考えの方は客意識を捨てて、「紳士的なふるまい」を忘れないでほしい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。