スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性の悩みを聞くことで女の子から得られる3つの感情とは

相手の女性にとって、あなたが特別な存在になりましょう。

まず、悩みを聞くと女性は、この人は頼れる人だな。」と安心感を覚えます。

また、悩みを聞くと女性は、「私の事を大事にしてくれる。」と信頼感を覚えます。

最後に、悩みを聞くと女性は「私に興味があるな。」と恋愛感を覚えます。


この三つを満たすと、女性はあなたに心をどんどん開きます。なぜなら、あなたは彼女の味方となるからです。

逆に、頼れない人、大事にしてくれない人、興味がない人はただの敵になってしまいます。

例えば、相手の女性からこんな電話が掛かってきたときにどんな返答をすれば、相手の女性のハートを掴む事ができるのでしょうか。

相手の女性をガッカリさせてしまう NG な の返答と相手の女性のハートを掴む事ができる OK な の返答を例に挙げました。

女の子
家の鍵失くしちゃって家に入れないよ

あなた
そうなんだ。困ったね。友達の家に泊めてもらったら

このような返答をしてしまうと、相手の女性は「私が困っているのに、この人は何もしてくれない」と幻滅されてしまいます。

せっかく相手の女性が、あなたを頼って連絡してきてもあなたが助けてあげなければ信頼は生まれません。

相手の女性に頼りにされる為には、このような返答が望ましいです。

「今どこにいるの?迎えに行くから場所を教えてくれる?」

相手の女性を心配して、相手のピンチを何とかして救ってあげたいという気持ちが現われています。

実際に自分が助けになってあげられない状況だったとしても、相手の女性に

「オレが何とかするよ!」
という気持ちが伝わるだけでも相手の女性は「この人なら頼りになる」と感じてくれるのです。

女性から信頼されるという事は心を許せる存在になったという事に直結します。簡単な事でも構いません。頼りにされたら、それに応えて下さい。

女の子
今日体調が悪くて家で寝込んでいるの

あなた
大変だね。じゃ、オレ遊びに行ってくるわ。

このような返答をしてしまうと、相手の女性は「私が具合悪くても全然、気にしてないのかなぁ」と落ち込んでしまいます。

この場合、相手の女性はあなたに心配して欲しいと思っているのです。あなたからの励ましの言葉を期待しているのです。

大事にされていないと感じさせてしまったら今後、連絡は途切れてしまうでしょう。

相手の女性に大事にされていると思わせるには、このような返答が望ましいです。

「大丈夫?オレにできることがあったら何でも言って」

相手の女性の体調を心配して、何か自分に出来る事はないかという気持ちが現われています。

体調が悪い彼女に代って
「オレに出来る事があれば、何でもしてあげる」
または
「オレが看病してあげるよ」

という気持ちが伝われば、相手の女性は
「私って、この人にこんなに大事にされている」
と感じるのです。

女の子
これ新しい服なんだけど、どう?

あなた
自分が気に入っていればそれでオッケーじゃん

このような返答をしてしまうと、相手の女性は「私の事なんか全く興味がないのかなぁ」とあなたを選んで失敗したと感じてしまうでしょう。

この場合、相手の女性は服を見て欲しい訳ではないのです。自分をじっくり見つめて欲しいと思っているのです。

自分に興味がないと感じさせてしまったら相手の女性は他の男性に乗り換えるでしょう。

相手の女性に興味を持ってくれていると思わせるには、このような返答が望ましいです。
「うん、いい感じだね。とてもよく似合うよ」

相手の女性自信と服装を見て褒め言葉で返答する事で好感を示す気持ちが現われています。

「そういう服、似合うよね」
という褒める言葉も加える事で、自分自身と服のセンスも褒められたと感じ
「この人は、私に興味があるみたい」
と思わせる事ができるのです

このケースでは、相手の女性と服装の両方を褒め言葉で返答してあげる事が相手の女性に好感を与える事ができます。

相手の女性が抱える悩み事や困った事に対して親身になって応えてあげる事の大切さは理解できましたね。

相手の女性から
『頼りにされる事』

相手の女性が
『私を大事にしてくれると思う事』

そして、相手の女性が
『私に興味があると思う事』


この3つをクリアする事で更に相手の女性との距離を近づける事になるのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。